中卒から介護の正社員として就職するには? | 介護職辞めたい人のお悩み相談室

中卒から介護の正社員として就職するには?

一般企業は、高卒または大卒を最終学歴としているところが多く、基本的に日本の企業は学歴に乏しい人材の就職の斡旋には前向きではありません。

しかし、介護業界においては慢性的な人員不足なこともあり、中卒で介護職未経験の方でも採用している実績があります。

実際に求人情報を見てみると、『学歴不問』としている施設が増加しており、一人でも多くの介護士を確保できるように採用条件を緩くしている施設が増えているのです。

 

ですが、介護業界への就職は可能なものの、パートや派遣などではなく、『正社員』として採用してもらうことはできるのでしょうか?

この記事は『中卒が介護職の正社員として就職するためのポイント』を詳しく解説しています。

 

『中卒でも介護職は正社員として採用してもらうことはできるの?』

『正社員として採用されるための求人はどのようにして探せばいいのか?』

『中卒が働くことができる介護施設はどんなところ?』

 

などの疑問があるなら、ぜひこの記事を参考にしてみて下さい。

中卒でも介護の正社員として就職することはできる?

学歴に乏しいと不安も大きいと思いますが、介護職の場合は『最終学歴が中卒でも正社員として採用してもらえる施設が多い』です。

実際に、介護職の求人情報を検索してみても、正職員の募集の欄に『学歴不問』としている施設を多数確認することができました。

また、私が働いている特養でも、去年に中卒のフリーターの16歳の男の子が入社してきたばかりで、比較的採用はされやすいと思います。

介護職が中卒・介護未経験でも正社員就職できる理由

介護職の場合は「やる気」「体力」が働く上での第一条件となるので、学歴など関係ないのです。

介護の仕事は、いかにお年寄りに寄り添いながら介護ができるのかが大切であって、これは学歴に左右されるものではありません。

『高学歴=お年寄りに優しくできる』とはならないので、社会人経験のない10代の若い子でも、やる気があるとみなされれば、ボーナスのある正社員として雇ってもらうことができるのです。

中卒介護士の初任給は『15万円』程度

介護職の給料は、高卒と大卒の場合では「3~5万円」程度の差がありますが、高卒と中卒の基本給は、あまり違いはありません。

実際に、求人情報で学歴不問としている『グループホーム』と『特別養護老人ホーム』の採用担当者に電話で給料について確認したところ、2施設ともに『中卒の基本給は高卒の基本給と同額です』とのことでした。

平成27年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況』によると、高卒の平均初任給は『150,700円』なので、中卒介護士の平均初任給も同じくらいと考えて良いでしょう。

ただし、夜勤に入りだすと夜勤手当がつくので、給料としては数万円あがります。

また、資格を取得したり、勤続年数を重ねると、役職もつきますし、昇給もあるので、施設形態にもよりますが年収で300~500万円程度は見込める職業です。

中卒から介護職として就職したい方におすすめの介護施設は?

中卒でも正社員として働くことができる施設でおすすめなのは、チームワークや指導がしっかりしている『特別養護老人ホーム(特養)』です。

特養は大規模な施設が多く、大きいところだと利用者が100人に上る施設もあります。

利用者の人数が多いと『大変ではないか?』と、心配になるかもしれません。

ですが、利用者数の多い特養では、職員同士のチームワークが他の施設形態に比べてしっかりとしているところが多く、指導も行き届いているので、精神的にも身体的にも負担は少ないです。

 

また、特養は介護の必要性を示す「要介護度」が、5段階中「3以上」の認定を受けた人しか入所できない施設です。

重度な利用者が多いので、先輩職員が付きっきりで指導してくれる期間が1ヶ月以上ある場合が多いです。

つまり、特養なら未経験でも安心して仕事に臨むことができる魅力があります。

また、介護度の高い利用者が生活する特養で働くと、どの施設形態でも通用する介護のスキルやテクニックが身につくのも魅力です。

 

反対に、デイサービスなど、介護度が高くなくても利用することができる施設では、利用者が自分の意見を訴えることができることもあり、やり方だけを説明して、あまり付きっきりで指導してくれない場合もあるので注意しましょう。

中卒に不向きな介護施設は?

中卒には不向きな施設形態は『訪問介護(ヘルパー)』です。

まず、訪問介護は直接車で利用者の自宅に向かわなければならず、中学を卒業してすぐの中卒者では、車の運転免許がなく移動手段がないからです。

最終学歴が中卒というだけで、すでに運転免許を取得している18歳以上の人なら問題ありません。

ですが、訪問介護での移動手段を自転車や徒歩としている事業所はほとんどなく、基本的には車で移動します。

学歴不問としている訪問介護事業所でも、大半が『運転免許は必須』としていることから、18歳に満たない方には不向きです。

また、訪問介護の仕事は、利用者の自宅に一人で訪問しなければならず、他の職員の助けの手を借りることができなくなってしまうので、介護職未経験者である中卒者には過酷な現場となると考えられます。

特養とは違い、訪問介護は「他の職員が近くにいない」「十分な指導を受けることができない」ことなどから不向きな施設と言えます。

中卒者が介護業界でキャリアアップを目指すには?

キャリアアップとしては、働きながら介護資格を取得することです。

☑ 取得を推奨する介護資格

  1. 介護職員初任者研修
  2. 実務者研修
  3. 介護福祉士
  4. 介護支援専門員(ケアマネージャー)

色々な資格がありますが、これから介護の仕事を始める方は、『介護職員初任者研修』から取得しましょう。

初任者研修を取ったら、実務者研修を取得していきます。

介護業界の唯一の国家資格である介護福祉士は、『実務者研修を取得していること』が受験要件となるので、介護業界でキャリアアップを目指す人は必ず実務者研修を取得しましょう。

また、介護福祉士は実務者研修を取得していることに加え、『勤続3年以上』であることが受験する上で必要な条件となります。

さらに介護支援専門員(ケアマネージャー)の場合は『勤続5年以上』であることが求められます。

大きな資格ほど受験要件が厳しくはなりますが、介護職員初任者研修や実務者研修を取得している間に、あっという間に介護福祉士の受験要件である『勤続3年』が経過します。

学歴関係なく介護現場で着実にキャリアを伸ばすことができる達成感と満足感は、介護職だからこそ体感できるメリットです。

絶対に取るべき介護の資格

『学歴不問・正社員・介護士』に該当する求人を効率よく探すには?

『学歴不問・正社員・介護士』の介護求人を効率よく探すには、介護求人サイトに登録することがおすすめです。

介護求人サイトは、介護関連の求人情報だけを取り扱っているので、多様なニーズに対応しています。

パソコンやスマートフォンから簡単に登録することができますし、アドバイザーに『介護士の正社員として学歴不問のところで働きたい』と伝えるだけで、あなたにピッタリな求人を紹介してもらえます。

ハローワークのように、わざわざ出向く必要もありません。

 

自分で検索したい場合は、フリーワード検索や条件のチェックボックスにチェックを入れるだけで簡単に求人情報をオンライン上で確認することができるなど、とにかく効率よく簡単に就職活動をすることができます。

また、介護資格を取得したい場合は、『資格取得支援の制度(※無料で介護資格が取れる)』を実施している介護求人サイトもあり、実際なら数十万かかる資格取得の費用を、全額負担してもらうことができるメリットがあります。

さらに、シフトを調整してもらいながら、働きながら資格を取得することができるので、介護求人サイトへの登録は必須と言えるでしょう。

『学歴不問・正社員・介護士』の仕事探しにおすすめの介護求人サイトは?

①   スタッフサービスメディカル

スタッフサービスメディカルは、全国対応の介護求人サイトです。

無資格未経験者の求人紹介に強く、無料で介護資格を取得することができる『資格取得支援制度』があるので、無資格未経験者である中卒の人にはピッタリな求人サイトとなっています。

求人掲載数は『約44,000件』と介護求人サイトの中でもトップレベルで、経験豊富なキャリアアドバイザーと一緒にお仕事探しをすることができます。

スタッフサービスメディカル登録はこちら>>

詳細ページはこちら

②   かいご畑

かいご畑は、『北海道・東京・神奈川・千葉・埼玉・愛知・大阪・兵庫・福岡』の求人紹介に力を入れている介護求人サイトです。

厚生労働省認可の求人サイトなので、初めての方でも安心して登録することができます。

こちらも無資格未経験者の求人紹介に力を入れており、『キャリアアップ応援制度』を利用すれば、無料で介護資格を取得することができます。

専任のキャリアアドバイザーは介護資格保有者なので、介護業界にまつわる悩みごとなども相談しやすく心強い味方となってくれます。

かいご畑の登録はこちら>>

詳細ページはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ